logo_一般社団法人日本EDD認証推進協議会

Electronic Data Deliverables

「e-計量」について

「e-計量」とは

電子署名法と計量法に加え一般社団法人日本環境測定分析協会(日環協)により作成された「計量証明事業における計量結果の電子交付の運用基準(ガイドライン)例示」に適合している現在唯一のサービスです

「e-計量」の概要

画像_「e-計量」の概要
  • EDDサービス「e-計量」を通して、計量証明書に電子署名・タイムスタンプを添付したのち、電子納品を行います
  • 計量証明書はExcelまたはWordからPDF保存を行ったファイルを推奨しています
    • 「計量証明事業における計量結果の電子交付の運用基準(ガイドライン)例示」に記載されている電子署名とタイムスタンプおよび、可視署名とJEDACロゴの透かしをPDFへ格納するため、システムに制約*1があります。
    • A4縦型の書類に対応しています。
  • 電子発行された計量証明書は、1年間当サービス内で保管し、その後は米国国防総省(DoD5220.22-M)基準に準拠した方法で削除します

*1 :PDF変換の圧縮率やアルゴリズムに関係するため、最新のソフトウェアをご利用ください

「e-計量」では、計量証明書(その他、計量証明対象外の試験結果報告書等)が電子文書化されても、当面、電子文書と従来の紙文書の併行運用が想定されるため、紙に印刷した際に「e-計量」で作成された文書であることが判別できるように、電子署名(電子証明書とタイムスタンプ証明書)の付与とは別に、可視署名とJEDACロゴの透かしを画像データとしてPDFへ格納しています。そのため、印刷した際にはその透かしと可視署名が印字されます。

運用イメージ(ケース1:ダウンロードURLで納品するタイプ )

画像_運用イメージ(ケース1:ダウンロードURLで納品するタイプ )

運用イメージ(ケース2:自社メールで納品するタイプ )

運用イメージ(ケース2:自社メールで納品するタイプ )

「e-計量」導入メリット

  • 改ざん防止
    • 電子署名とタイムスタンプが付与されることにより改ざんの検知が可能
  • 納期日数の短縮
  • 送料(切手代等)、紙代、印刷代、送り状代の削減
  • 送付作業等、作業時間の削減
  • 印刷物保存場所の削減

「e-計量」ご利用開始のための最低費用

e-計量のご利用は、最低135,800円(ケース2)で年間1名様のご利用が可能です

※但し、既にEDDポータルをご利用の場合、タイムスタンプ基本料24、000円/年を別途お支払頂く事で利用可能です

【内訳】

  • 1社あたりの年会費(1ユーザー込100,000円)
  • 1ユーザーあたりの電子証明書関連年費用(発行料・利用料3,000円、USBトークン代8,800円)
  • 1社あたりのタイムスタンプ基本料(月に1社100回までの基本料2,000円。101回目から1回40円)

【その他】

  • 有効期間は当法人会計年度の4月1日から翌年3月31日
  • 追加ユーザーの費用
    (計量士(電子署名担当者)の追加、30,000円/年。
    納品場所サービス利用ユーザの追加、10,000円/年。
  • 追加1ユーザーあたりの電子証明書関連年費用(上記内訳の内容と同じ)
  • 一般社団法人日本環境測定分析協会の会員は年会費10%引き
  • 10月以降に入会の場合、年会費と追加ユーザ費用は半額
EDDサービス(環境計量証明書の電子発行に関するサービス)の入会に関するご案内及び各種書式のダウンロードについて